生田絵梨花メイク方法まとめ

乃木坂46生田絵梨花メイク

 

View this post on Instagram

 

生田絵梨花💘さん(@nogiiiizak46)がシェアした投稿

今、人気NO.1ともいえるアイドルグループ乃木坂46のメンバーの生田絵梨花さん。

1期生としてデビューし、“十四福神”の1人で、人気メンバーですよね!

さらに、ピアノがとっても上手で、音楽大学にも通っていたり、見た目も含めドイツ生まれのお嬢様と言われていたとか!

では、そんな生田絵梨花さんといえば、どんなメイクをしているんでしょうか?

スポンサーリンク

生田絵梨花さんといえばこんなメイク

 

View this post on Instagram

 

あまちゃんさん(@nogizakachin)がシェアした投稿

乃木坂46といえば、清楚なイメージですが、生田絵梨花さんもまさに清楚の言葉がピッタリなナチュラルメイクでステージに立つことも多いみたい!

他にもこんなメイクをしています!

 

View this post on Instagram

 

まさん(@ikutangram)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

まさん(@ikutangram)がシェアした投稿

大人っぽい印象のメイクの時には、リップの色を少し濃いめ&マットっぽく仕上げていることが多いです!

生田絵梨花メイクのポイント

①ベースメイク

 

View this post on Instagram

 

まさん(@ikutangram)がシェアした投稿

生田絵梨花さんのファンの方々がインスタグラムでいろんな写真をUPしていますが、どの写真を見ても、白く透明感があって、肌悩みを感じさせないような肌をしていてうらやましいですよね!

そんな素敵な肌にするにはなんといってもくまやくすみなどの肌悩みをしっかりと消すということが重要です!

肌悩みを消すときには、コンシーラーコントロールカラ―など、肌悩みに合わせてアイテムを使いこなすことが大切ですね!

また、生田絵梨花さんはツヤ感のある肌をしているため、ベースメイク前にはしっかりと保湿ケアをしてから、ファンデーションを少しずつ塗り、フェイスパウダーなどで仕上げて、ツヤ感を出しましょう!

スキンケア効果の高いファンデーションを使うとより、簡単にツヤ感のある肌になるので試してみてもいいですね!

②アイブロー

 

View this post on Instagram

 

まさん(@ikutangram)がシェアした投稿

もともとしっかり眉の生田絵梨花さんなので、実際にメイクをするときには形や色を整える程度かもしれません。

そんな生田絵梨花風眉にするには、自眉に合わせた太さのストレート眉にすること。

眉頭から眉山にかけて同じくらいの太さにし、眉尻は少し細くなるように仕上げることがポイント!

長さは目尻を過ぎるくらいに仕上げましょう!

③アイメイク

 

View this post on Instagram

 

まさん(@ikutangram)がシェアした投稿

アイラインは、上ラインは目頭からしっかり、目のキワに沿ってラインを書くようにします。

アイシャドウは肌になじみやすいブラウン系を使うことが多いです。

色が少し映えるくらいの濃さで入れていき、グラデージョンを作るようにいれていきましょう。

涙袋部分には明るいアイシャドウを涙袋部分に入れて涙袋がふっくらと見えるようにしましょう!

涙袋があまりない人は、涙袋の境目にブラウン系のシャドーなどを入れて影を作ってあげると、涙袋がより強調されますよ!

また、まつ毛はマスカラでロング感やボリューム感を出しましょう!

下まつ毛にもしっかりマスカラをつけて目元を大きくみせましょう!

 

生田絵梨花さんのアイラインは、キワにハッキリ書いているのが特徴!

そんな目元に仕上げやすいアイテムといえばこのラブライナーリキッドです。

そんなラブライナーリキッドの魅力といえば、

  • 書きやすい
  • 太い線も細い線も自由自在に書ける
  • 美容成分が豊富で、目元に優しい
  • 口コミ評価が高く、失敗しにくい!
  • ブラックとブラウンがあるので、自分のメイクに合った色を見つけられる

などなど、魅力たっぷりなんです!

メイク初心者さんから上級者さんまで使いやすいアイテムなので、使ったことない人はぜひ使ってみてくださいね!

おすすめコスメはこちら

ラブライナー  リキッド アイライナー トゥルーブラック 旧リッチブラック
 

④リップ

 

View this post on Instagram

 

まさん(@ikutangram)がシェアした投稿

リップメイクは、レッド系ピンク系などを使うことが多く、もともとの唇の色に近い色を使うことが多いです。

リップのつけ方として、少しツヤ感のあるつけ方にしているので保湿用リップで保湿をしてから色を重ねましょう!

ツヤ感が出すぎてしまったときは、ティッシュオフするといいですね!

⑤チーク

 

View this post on Instagram

 

まさん(@ikutangram)がシェアした投稿

チークはピンク系を使い、頬のあたりに丸く入れていきましょう!

色が映えるか映えないくらいナチュラルに入れましょう!

血色がよく見えるような濃さを入れるには、少しずつチークを入れていくのがポイントとなります!

⑥ハイライト

 

View this post on Instagram

 

まさん(@ikutangram)がシェアした投稿

ハイライトはあくまでもナチュラルに入れてきましょう!

入れる部分は、鼻筋・おでこの真ん中・あご・目の下三角ゾーンに入れて立体感を出しています!

ハイライトは入れすぎてしまうと、変に立体感が出てしまいバランスが悪くなってしまうので注意しましょう。

生田絵梨花メイクのまとめ

 

View this post on Instagram

 

まさん(@ikutangram)がシェアした投稿

  1. ベースメイク前にはしっかりと保湿ケアを行い、その後くすみやくまなどの肌悩みはしっかりとカバーし、ファンデーションを少しずつ塗り、フェイスパウダーなどで仕上げて、ツヤ感のある肌質にする
  2. アイブローは自眉に合わせたストレート眉で、眉頭から眉山は同じくらいの太さにし、目尻は細くなるように仕上げる
  3. アイシャドウはブラウン系を使い、色が映えるくらいの濃さで立体感とグラデーションを作っていく。また、涙袋部分には明るいアイシャドウを入れてふっくら見えるようにする
  4. アイラインは、目頭からしっかり目のキワに沿ってラインを引く
  5. まつ毛は、マスカラを使ってロング感とボリューム感、束感を出す。下まつ毛にもしっかりマスカラをつける
  6. リップはレッド系やピンク系などを使い、保湿ケアをしてから色を乗せる
  7. チークはピンク系を使い、頬のあたりに丸く入れ、血色がよく見える程度で薄めにいれる
  8. ハイライトは、鼻筋・おでこの真ん中・あご・目の下三角ゾーンに入れて立体感を出す

このポイントを押さえていけば生田絵梨花風メイクができますので、ぜひ試してみてください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です